Posts Tagged ‘薪ボイラー’

朝晩の気温2〜3℃の日が増えて来た邑南町ですが、

通勤の途中で眼下に広がる雲海を見ますと

個人の悩み事なんてちっぽけな気がして救われます

 

私ごとですが、親父が入院して夫婦2人の生活です

テレビを観ない夫婦なので家の中が静寂に包まれています

困った事は風呂の準備は親父のボケ防止の為

薪ボイラーを利用している事

面会は8時までなのでいつも滑り込みです

夜8時過ぎに家に帰りその時間から風呂を焚き始めると

9時頃には70℃までになります

結局最短9時半が風呂に入れる時間になります

 

風呂焚きのイメージは

竹の筒に息を吹き込み、煙りにまみれて昭和の香りが

する…なんですけどね、実際は新聞紙と小枝で小さな炎を

作ったあとは、薪を放り込んで蓋をすれば完了なので簡単です

 

スマホのBGMを聴きながら風呂焚きなんて如何でしょう?

昨夜聴いた「やさしく歌って」などもう最高でした

YouTube Preview Image

今日は、昨日までの天気と打って変わり風が強く、寒いです(゚o゚;;

桜江も風が強いのですが、江津はもっと風が強いように感じました。

急に寒くなってくると、薪ストーブの炎が恋しくなります☆

T森さん、買ってくれないかなぁ。

( ^ω^ )

暖かい炎の様子を見ていると、ほっこりしますよね。

T森さんのおうちでは、薪ストーブならぬ薪ボイラーが活躍されています。

薪ボイラー!!

なんて素敵な響き!まるでジブリの映画のようです。

と勝手に思っているのですが、中々威力も強いようです。

T森さんのおうちでは、お風呂は薪ボイラーで沸かすそうですよ。

 

☆★☆住まいのお困りごとはあいぷらすまで☆★☆

薪ボイラーの活用法についてはぜひあいぷらすまでご相談ください。

ほんの少しずつ気温は下がり、いつの間にか秋の気配が感じられます

夏の太陽光をしっかり浴びた温水器はしだいに役目を終え、

時には薪ボイラーの出番がぼちぼちやって来るのです

 

太陽熱温水器は太陽さえ出ていれば多少なりとも水温を

上げてくれるわけですから、それを薪ボイラーに送ってやれば

薪燃料は少なくて済むんじゃない?

って考えている方  それは正解です

実際ガスや石油給湯器にはそのタイプの物がありますからね

 

わが家の薪ボイラーはATOで2年ほど使っていますが、

今の所接続はしていません

太陽熱温水器か薪ボイラーかを三方弁で切り替えて使うだけです

なぜしないのか?

実は配管がゴチャゴチャするからです

 

パターンは限られていますよ

  1. 太陽熱温水器を単独で使う場合
  2. 薪ボイラーを単独で使う場合
  3. 太陽熱温水器のぬるま湯を薪ボイラーで沸かす場合

つまり水道水の温度が太陽熱温水器の温度より低ければ、

併用した方が薪を必要としないのですから省エネになります

 

それはそうなんですけど、配管をどうするのかです

ガスや石油のボイラーなら直接流入口から入れてやって、適温まで

沸かせば良い事ですが、薪ボイラーは構造が熱交換によるモノなので、

ボイラーの貯湯水温が太陽熱温水器の水温より低ければ、

逆に温度が下がってしまう為意味がありません

 

ですから、太陽熱温水器の配管は薪ボイラーの熱交換した

後に繋いでやる必要があります

(太陽熱温水器単独の場合もあるので)

勿論、前にも繋がないと加熱できないですからね

そうすると三方弁や逆止弁を配置し、流れを作る必要が

あるわけです

太陽熱給湯器接続例(協和建設資料より)

これだけ見てなるほどなと解る人はごく少数でしょう

 

こんな風になるとこれって省エネを考えるなら、

  1. 太陽熱温水器のぬるま湯を入れる
  2. 温度の低いのを上げるため、薪ボイラーで補う
  3. 混合水栓の給湯のみで温度調整する

っていう方法でOKじゃあないでしょうか?

これは太陽熱温水器とボイラーのお湯の配分が難しい

 

というわけでわが家は

「太陽熱温水器のお湯は適温以下なら使わない」

という風にしています

だって燃やす燃料自体が山から拾って来たものだから

燃やす手間は慣れたら10分程度でしょう

後は勝手にボイラーが沸かしてくれますからねぇ