Archive for 3月 2013

やっちゃいました

普段乗っている車は暗くなると勝手にフォグランプやヘッドライトが

点くのでトンネルに入っても何もしませんけど、

仕事で使う車はトンネルに入る時は手動で点けます

暗くなった時は当然点けますけどね

出口ではつい忘れてしまうんです

 

最近現場へ行く時には必ずトンネルを通る為、スイッチを入れたり

切ったりするんですけど、現場でふと車を見ると電気点けっぱなし

ありゃま!と思い慌ててスイッチを切りました

普段は忘れてなかったんですけど、色々考え事をしていたんでしょうか

気付かなかったですね

気付くのが早かったのでエンジンを掛けるとバッテリーが上がる事も

なく一発始動  危ない危ない!

 

別の現場へ行った後、またその現場へ行った時の事

さあ移動しようとエンジンを掛けようとしても掛らない

実はまたしてもライト点けっぱなしにしていたんです

キーを抜けば警告音がするのでしょうが、抜いてなかったので

気がつかないのです

今度は長い時間だったのでバッテリーが完全に上がっちゃいました

 

その会社の従業員らしき若者に声を掛けたら、親切に

対処してくれました

ありがとう~  助かった~

しばらくエンジンを掛けておいて充電すると

元通りに復活です

それにしても一日に同じミスを繰り返すとは情けない

この若者はとても良い笑顔で好青年でした

近頃ではあまり見かけないタイプの人です

年齢は関係なく尊敬でき、見習わなくちゃと思うのでした

年齢を重ねる事がどういう事なのか少しずつ解明されてゆく

今日この頃、気がついた事があるんです

最近殆ど怒る事がなくなったなぁと…

若い頃は自分の思い通りにならない事、叱られた時

とにかく腹が立って人であったり物に八つ当たりしたものです

40歳も超えてしまうと何かしら見えてくるものがあって、

怒る事がくだらない事に思えてきました

むしろ腹が立つのは自分に対してです

「なんでああしなかったんだろう、どうしてあんな事言ってしまった

のか」と思う事はしょっちゅうです

 

同じ人生なら笑って過ごしたいですね

「東京家族」という映画を観ました

70代の方はそして20代の方はどんな気持ちでこの映画を

観たのでしょう?

田舎を離れ都会で生活をしている子供たちの家を

訪ねて行くというのはどうなんでしょうね?

やがてわが家もその日が来る事でしょう

 

映画で一息

 

 

たまに東京へ行った時に感じるのは

「ここで暮らす人たちは歳をとったら何をしているんだろう?」

まさかショッピングになんて行かないでしょう

朝起きたら近くの公園にでも行ってボーっとするとか

趣味の物を眺めてみるとかでしょうか

それともパチンコかな

田舎で暮らせば良いのにと思う

 

娘は進学先も決まりアパートも取り急ぎ決めて

もうすぐ親元を離れて新しい生活が始まります

近々引っ越しをしなけりゃいけませんが、

子育ての楽しみでもあるかも知れません

 

進学先が田舎であってもアパートの家賃は驚きの金額

何とか少しでも安く、安全で、便利な物件は無いものかと

ネットを駆使して探してみたんです

1Kで3.8~4.5万円ってところです

学校の周りにはスーパーやコンビニ、金融機関、駅が

あるものの条件の良い所は家賃が高いものです

 

そこで考えたのが今流行りの「シェアハウス」

全くの他人が1軒の家に住むのは抵抗があるけれど、

知っている人なら案外いけるかも

たまたま、同じクラスの子が同じ学校へ行くので

話を持ちかけてみると、難なく承諾されて

共同生活をする事になったのです

 

当然プライバシーは確保できる間取りを選択します

しかも一人で借りるより安く、快適でないと意味がありません

2LDKで5.5万円に決定しました

敷金、礼金、火災保険等全て半額です

単身用ではなくファミリータイプなので結構充実しています

洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫等の1台あれば良いものは

共同購入です

 

1Kと比べたら雲泥の差があります

勿論共有するので不便な事もあるでしょうが、

メリットの方が断然多いですから良かったです

 

ところでこのシェアハウス

映画やテレビのドラマで取り上げられてから人気が出てきている

みたいですけど、実際に利用してみるとどうなんでしょう?

全くの他人がひとつの居住空間を共にするなんてどうですか

そこでネットでわかる範囲で調べてみたんですけど、

都会のシェアハウスは地価の事もあり狭すぎる印象です

大人数で狭いリビングを共有するなんて窮屈だし

精神的に寛げそうにありません

 

外国並みに広い空間があるのならとても良い企画だと思うのですが

日本の物件はかなり無理があるように思えてなりません

そうまでして共同生活はしたくないでしょう(赤の他人とは)

これは一時のブームであり数年先には無くなる気がしますね

 

一般的な間取りはこんな感じでしょうか↓

共同生活1

 

かなり窮屈ですけど都会だとこうなるでしょうね

共同生活2

 

さらに進むとこんな感じになるでしょう

こうなるともう家畜小屋のようですね↑

 

共同生活3

 

この位なら我慢できそうじゃないですか↑

 

田舎に住む者にとって都会の間取りは驚きです

我が家では大音響で音楽を鳴らしても、

大勢で夜中に騒いでも隣近所から苦情はありません

大学なんて田舎の広い土地に建てれば良い

教える側、経営側の立場だけ優先している日本の

大学では伸び伸びした若者は育たないと思うのだが…

(田舎に大学があっても誰も来たがらないのか?)