Archive for 7月 2013

子供の頃ハウスメーカーのテレビコマーシャルを見て「自分が家を建てるなら…」

などと空想したものです

部屋の模様替えをすると新鮮な気持ちになり、いつもと変わらない毎日が

少しだけウキウキした気分にもなれます

確かにあの頃って基礎もなくアルミサッシもなく、隙間風が普通に吹いてくる

家に住んでいたので、そのこだわりようは半端じゃないわけです

 

あれから40年が経過して思うのに、

少しずつ感覚がずれて行くような気がしています

当時は、隙間風が吹かなくて、明るくて、カッコいい家のような事で

良かったわけです

ところが、建築を勉強しますといろんな要素が知識として入ったりします

最も重要なのは建設費の問題

 

一般的に良い家と言えば、豪華なとか大きい等のワンランク上の

イメージが付いて回ります

でも、年齢が50を超えた頃に気付く良い家の条件は

単純に「安くて、お気に入りの間取り」だったりします

建築を業とする者からみれば「こうであるべき」が住む人にとっては

「全然気にならない」というケースが余りにも多いんです

それは北米住宅を見た時の感覚に似ています

アメリカやカナダなどは細かい部分には全くこだわりません

それは将来まで永久的に住むという感覚が無い為でもありますが、

日本人の「人生最大の買い物」とは異なります

 

そのように考えますと特に島根県のような平均年収の低い地域

に建てる家は、建築屋主導の建て方ではなく北米的な発想で

良いんじゃあないかと思うんです

4LDKの家が1000万円とかなら若いうちにローンを組んで、

家賃を払わずその分ローンが済めば老後の心配は無いのです

それが現在平気で2000万円以上するのですから、人生は

家を建てるのが目的みたいになってます

安く建てて残りのお金は余暇や趣味の楽しみに使う事で

一度きりの人生はもっともっと楽しめると思いませんか?

今や無くてはならないモノになっているモバイル通信機器

そして良いのか悪いのか分からないけど、文字によるやり取りが

毎日のように行われているんです

伝えたい事を頭で考えて指先で文字に変換すると

上手く伝わらない事が多いです

会話は知らず知らずのうちに、相手を思いやる事や感情が

盛り込まれるので良いんだけど…

 

この会社で一緒に仕事をする事になった頃、

会長より頂いた言葉があります

きっと人には何でもない言葉でしょう

その言葉には目には見えない魔法が掛っていて

思い出す度に自分を奮起させてくれます

心の奥深くに刻み込んで一生忘れることなく大切にしたい

言葉なんです

 

そしていつか自分に自信が付いたら誰かに

自分が頂いた言葉と同等の言葉を贈りたいと思うんです

 

 

YouTube Preview Image

関係ないですけど言葉つながりでこんな歌を選んでみました

卒業して30数年の母校の総会に出席したんです

毎年の事なんでしょうけど今回は当番の年と言う事もあり

不参加というわけにもいかず重い足を運んだんです

学校自体の存続を心配しなくちゃならないような生徒不足、

卒業生も地域も必死です

久しぶりに会った同窓生と昔話をしたり写真を撮ったり、

10時から始まった集まりを解散したのは、22時を回っていました

 

総会はともかく

同窓生だけの二次会では50を過ぎたおじさんおばさんも

この時ばかりは羽目をはずします

別れ別れの道を歩んで、出世した者わき道に逸れた者

孫のいる者もいれば独身者もいる

皆共通しているのはあの頃と違い身体が動かない事

特に老眼は全員が直面しており、不便になったものだと言う

 

ある人が携帯の写真を見せようとしたけど、小さくて見えないらしい

そこで取り出した小洒落た老眼鏡

ちょっと見た感じでは老眼鏡には見えないフレームのデザイン

1,980円とは思えない中々良いものです

「こいつは良いなぁ」と絶賛です

良く見えない皆がそれを奪い合い写真を観るんだけど、

レンズに僅かに傷があり、それが気になって不評です

見た目は良いけど肝心の実益が伴いません

 

別の人が1万円以上したというのを出しました

度数は同じです

見た目はいかにもおばさん仕様で

お世辞にもかっこよくはありません

ところがそれを試してみると、さっきの物とは

次元が違う鮮明さです

彼女曰く、「看護師は注射したりするのにいい加減じゃ出来ないからね」

そりゃそうだ!

見た眼なんか二の次だ

その後デザインの良かった眼鏡は誰も使わなくなったのです

 

こんな事って結構あるんですよね

見た目重視で失敗する事

洋服や日用品、高額な物ではパソコンとか車でも…

デザインが良い事はとても重要な事

それは勿論分かっている事です

それ以上に重要なのが性能ですね

これなくしてデザインはあり得ないという事です

使う側にしてみれば

建築も同じで性能が十分じゃなきゃ、どんなに外見を良くしても

それは直ぐに化けの皮が剥がれてしまうんだから…

 

この歳になると皆それぞれ色んなモノを持っています

悩みであったり、病気であったり、生きがいであったり…

持ちたくなくても持たされるものが病気や悩み

持つ気になれば持てるのが生きがいや希望

同級生の中でも本当の意味で幸福なのは

生きがいや希望を持てている者なのかなと思うのでした

 

いつの間にやら人と比較するようになったり

言葉の裏を読むようになったり

度の合わない眼鏡をいつまでも掛けていると

世の中が見えなくなってしまいます

時には度数を疑ってみた方がいいみたいです

 

高校生の頃流行っていたオフコースの「幻想」

YouTube Preview Image

懐かしくてもう…