Archive for 5月 2014

いよいよ暑い日がやって来ました

今日は見栄えの良いエアコンの設置についてです

 

自動車の窓を閉め切っていますと温度が下がるまで地獄ですね

こう暑い日が続きますと当然家の中も暑いんです

これからエアコン設置のシーズンになるわけですが、今日

ふと気付いた事があります

 

既存の家にエアコンを取り付ける場合は

取り付くようにしかなりませんけど、

新築住宅に取り付ける場合は考え方を変える必要があるんです

 

それは「見栄えを良くする」という事

新築の場合は取付機種を選択していれば

コンセントの位置、配管の位置を正確に決められるので

室内から見た時に邪魔な見苦しい配管を

見えないように出来ます

既存住宅でも配管スリーブが良い場所にあれば

上手くいきますけど

場所が悪いとどうしても不自然になってしまいます

 

それはもういっその事穴は開いてない方が良いくらいです

(見栄えの為だけの話です。仕事は開いている方が簡単です)

 

今日たまたまかつて建てた家にエアコンを取り付けるという事で、

配管とコンセントを本体の後ろに隠したら

それはなんとスッキリしました

シンプルなのは最高です

想像してみて下さい

壁の天井付近にエアコンの本体のみが付いている状況

 

メーカーのカタログではやはり壁には

配管は愚かコンセントも写っていません

一般の家庭に取り付くと何故こんなにもゴチャつくのかと思えば

この点の違いでしょう

 

業者任せにしてしまうとつい簡単に取付してしまうのですが、

少しの工夫で随分印象が違ってきますから

ここは絶対に拘るべきだと思うのです

うっかりしていまして

ホームページのドメインを更新し忘れて一時全く使えない状況に

なってしまいました

ようやく復旧です

そういえばバイクの税金の支払いも

忘れないように払わなくちゃいけません

面倒な事になる前に早めの手続きをしましょう

 

一般的に屋上が使えるような屋根を陸屋根と言います

これは建築業界では「ろくやね」と読みます

そのまま読んで「りくやね」でも間違いじゃあありませんけど

建築屋とすれば昔から大工が使う「ろくやね」が主流です

「ろく」というのはデコボコが無く平らな様子を言いまして、

勾配の殆ど無い屋根が「ろくやね」と呼ばれる所以です

 

ところで「ろくでもない」とか「ろくでなし」という言葉は

やはりここから来ているそうですね

角があり普通じゃない、性格的にひねくれている様を言いますね

 

屋根形状