Archive for 8月 2013

中学生ともなると今まで聴いていたアイドル的な歌謡曲から

フォークソングやロックを聴くようになりました

もう40年も昔の話です

吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫、アリス、チューリップとかですね

その頃は今と違って、テレビやラジオで容易に音楽は聴けず、

レコードを買うか、友達に借りるしか方法は無かったんです

youtubeなんて無いしレンタルレコードさえも無かった時代

 

その頃唯一最新の音楽を聴く方法があったのは、

ラジオの深夜放送でした

昼間は全く入らないAM放送も、深夜12時を回る頃にはなぜか

素晴らしく入り始めます

遠くはRKB放送、文化放送、ニッポン放送、等は良く聞いていました

成長期の中学生が深夜の1時2時まで夜更かしをするわけですから、

直ぐに体調を崩ししばらくの間つらい日々を送りました

 

今なら合理的にタイマー録音で暇な時に聞くんでしょうけど、

当時はリアルタイムで聞きたかったですからね

そんなわけで、聞く音楽も洋楽が自然と耳に入るわけです

 

当時は70年ロックの真っただ中

ビートルズの影響をもろに受けたバンドが続々とデビューしていたんでしょうね

ウイングスは勿論の事、クイーン、ミッシェルポルナレフ、エルトンジョン

ビージーズ、カーペンターズにロッドスチュアート

当然英語の歌詞は何を言っているのか分からないし、

高度すぎる音楽も何をやっているのかも分からない

でも不思議に「良い曲だなぁ」ってのは伝わってくるわけです

 

殆どは偶然聴いた曲や録音したもの

今でもそれは心に残る1曲になっているんです

 

音楽の授業で合唱は結構好きで、三部合唱ともなるともう

楽しくて楽しくて

そんな時期に聴いたのがクイーンの「キラークイーン」

これは衝撃的でしたね

前奏なしでフィンガースナップ(指ぱっちん)でいきなり

ボーカルが入ります

そしてエフェクトの効いたピアノの音

何度もボーカルを重ねた多重録音

それまではジャパニーズ歌謡曲しか知らなかったんですから

(多分天地真理とか郷ひろみとか…)

更には「ボヘミアンラプソディー」なんかは鳥肌もんでした

今でも真似はできませんね

 

YouTube Preview Image

 

YouTube Preview Image

それにしても、凄い雨でした

これだけの雨を経験する事は中々ないものですけど

30年ほど前に長崎で経験しましたね

学生だったので土地勘が無く苦労しました

一夜明けたら外は別世界で、風景が変わっていましたからね

 

友人の家から自宅に帰るのに普段なら1時間もかからないのに

その時は8時間くらいかかったと思います

借りたバイクを途中で捨てて、歩いて山越えをしたんですよ

国道や県道は全て通行止め

土砂崩れは勿論、道路の陥没川の氾濫

町が孤立して緊急物資がヘリコプターで持ちこまれました

長崎市内の死者・行方不明者は299名、多くの方が

犠牲となったんです

180ミリを超える時間雨量は日本の降水量の記録と

なりました

雨粒が大きくてシャワーのようにいつまでも降り続く雨は

いとも簡単に文明社会を崩壊に導きます

今回の島根の雨も短時間に集中的に降っていて、

少し離れた地域では降水量が全然違うんですよね

 

今回は避難勧告が早いうちに出ました

被害は昭和58年の災害に比べたら僅かな事

それでも確実に気象は異常だなあと感じます

さて明日は無事に会社まで行けるんでしょうか…

学生の頃オートバイの免許を取りました

オートバイって不安定でこけたら危険って感じがしますけど

案外こけないもので、ちゃんとした乗り方さえすれば楽しいモノです

自動車とは全く次元の違う加速感や風きりの快適さ

それから一番の良さはエンジンの振動でしょう

 

エンジンをまたいで運転している為、その振動はもろに伝わってきます

振動は無い方がいいと思うかもしれませんけど、

適度な振動は最高に気分が良いのです

特に単気筒や二気筒の振動は良いですよ

四気筒マシンはちょっとつまらない

 

私は400ccまでしか乗れないので乗れるバイクは

限られますけど、我が社でも二輪は全て乗れる限定解除の

免許を持った者も数人います

中型とは違った良さがあるそうで羨ましい限りなんですけど

今更免許を取りに行くのもなんですしね…

オートバイはいつまでも男心を揺さぶる何かが潜んでいる

のです

最近はスクーターでも大型免許が無いと乗れないものもありますね

 

ヤマハ TMAX