Archive for 6月 2017

太宰府天満宮の参道から少し入った場所に「定遠館」という

記念館が人知れず建っています

記念館とは言え誰も見学者の姿は見えません

日清戦争で使われた清国の戦艦の部品が使われているそうです

リユースなのかな

門扉には鋼板を切り取って観音開きにしてあります

日本軍から受けたのでしょうか被弾の跡が

生々しく残っています

戦艦の部品を家に使うのですから限られてきますが、

分かりやすかったのはボートのオールが縁側の下の貫として

使ってありました

teien

 

120年も前には戦さの道具

そして住宅の建材として使われ、

今では記念館として楽しませてくれる

何とその利用価値の高いこと…

 

梅雨入りしたと言うのに殆ど雨は降りませんね〜

住宅に於いて必要なのはその住み心地

梅雨時の蒸し暑さをどう凌ぐかも大切ですよね

 

住み心地もそうですが外観、そう見た目も重要じゃないですか!

外から帰って我が家の玄関が見えてホッとする

「なんて素敵な家なんだ」といつまでもお気に入りである外観を提供したいです

 

昔ながらの和風も良いし、箱形近代建築も面白い

新しいデザインも古いデザインも結局はバランスでしょう

誰が見ても「いいね」と思わせるのは無理としても

9割の人に「いいね」と言われたい

 

福岡県太宰府市に行ってきました

親戚があるので結構行くことはありますが

ここ30年で大きく変わってきた町にスタバが出来ていました

天満宮の参道にそれは誰の目にも斬新なデザインで…

sutaba

 

建築家、隈研吾の設計でスタバの多くの店舗の中でも

一二を争う斬新さ

杉の角材を組み合わせたその造形美は

しばらく目を楽しませてくれました

これを見ながら飲むコーヒーは格別でしょう

 

そのスタバから遠くない場所に茶店の松屋さんがあります

古い建物で中に入るとヒンヤリします

テーブルの間を抜けていくと裏庭に続く古路

苔の生えた手入れの行き届いた庭には

暑い陽射しを遮る木洩れ日が揺れています

抹茶と梅ヶ枝餅を堪能しながら思うのです

参道の外国語の賑やかさは何処へやら

ここは全くの別世界じゃないか!

外観も大切だけど、心落ち着く環境づくりはもっと大切って

時間がないのでもう行かなきゃ

参道に出るとまた賑やかな空間がある

体感温度は5度位上がったような気がしたね