住宅改修に補助金が出ますけど

金曜日, 5月 1, 2015

島根県は65歳以上の人口比率が高く全国第二位

人口は70万人を切って少なさで全国第二位

人口が少ない上に65歳以上の比率が高いわけですから

あと20年もすれば激減するのは間違いありません

そこで各市町村ではUIターン希望者を

あれやこれやの策を練り、募集しているようですね

 

地域によりその支援内容は異なりますが

大まかに分けると

就職支援、起業支援、新規就農、住宅・空き家

体験・研修、UIターン奨励金、 情報提供、 子育て支援

になります

田舎に住むには就職先が無いと生活が出来ないので

その斡旋や起業の支援であったり、農業を始める手助け

があるようです

 

又、住む場所も重要です

島根県西部地区でもかなりの数の空き家が目立ってきました

この空き家を有効利用して、わが町に住んでもらえないかな?

という発想での空き家改修助成事業はあるのでしょうが、

住む側と提供する側のギャップが大きすぎる気がするんです

 

都会に住む方の田舎暮らしは古民家をイメージするのでしょう

しかも、TVや雑誌で掲載されるような飛びきり上等な

費用のかかった古民家をですね

現実は甘くないんです

田舎の空き家というのはその殆どが築40~50年級の代物

若者は都会に行ったきりで、跡継ぎを失った家屋が残ったもの

 

当然間取りは当時のままで、最も肝心な水回りは

都会の人が住むにはハードルが高すぎるのです

又、家屋が大きすぎて修繕費がかかりすぎるのも難点

補助金は限度額100万円位ですよね

断熱効果なし、隙間風が入る、ムカデやヘビまで侵入する

住宅を快適な空間にするのにどれだけかかるものやら

それならいっそのこと20坪ハウスを建てた方が安上がり

じゃないかと思うくらい…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください