Posts Tagged ‘ヒートショック’

明日6月1日は衣替えです……学校や企業でも制服が変わり

いよいよ夏本番という感じが高まってきますね!!

衣替えの週間は…平安時代から始まり旧暦の4月1日と10月1日に

夏服と冬服を着替えることを宮中行事として定めたことが始まりだそうです。

いまでは、地域によって違いはあるものの

6月1日から夏服

10月1日から冬服

として、多くの地域で衣替えを行なっています。

家の方を見てみると…、もちろんですが毎年季節に合わせて

家の衣替え(リフォーム)を行うことは出来ませんよね!

・外壁を張り替える、または塗り替える

・サッシ、ガラスを樹脂製、複層ガラスに変える

と、家の見た目が変わるだけでなく性能が上がり家が長持ちします。

家を快適にし、長持ちさせたいと思いの方は、連絡ください。

弊社スタッフがお伺いし、無駄なく快適な暮らしにする為の

衣替え(リフォーム)を提案をいたします。

 

 

家庭内事故で亡くなる方は交通事故で亡くなる方より

はるかに多いのを知っていますか?

家庭内の事故で多いのは浴室での急死

その殆どは溺死なのだそうです

急激な温度差について行けず血圧低下により気を失い

溺れてしまうのだとか…

それは60歳を超えた頃から急激に増えてきます

ニュース

 

それではヒートショックを防ぐにはどうすれば良いのでしょう?

日本人の多くは木造住宅に住んでいます

その性能は世界のレベルから見れば劣っています

つまり断熱性能が低いのです

家の中を移動する時に温度差が激しいためにヒートショックが

起こります

なので、温度差が起こらないように家全体を暖房するのです

そのために不可欠なのが断熱と気密と換気です

 

とは言え、すでにある家をすべて断熱すると莫大な費用が掛かります

今住んでいる家の断熱に関して欠点を見つけられたら

その部分を対策すれば良いですよね

つまり隙間風の入る場所を特定したり、どの部分から冷気が来るのかを

突き止めるのです

それらを解消するだけでもかなりの住み良さが手に入ります

寒さ対策はまず相手を知る事からです

 

そこで登場するのが あいぷらすの新兵器

赤外線サーモグラフィーカメラ

このカメラがあれば部屋のどの部分から冷気が来るのか

どの部分は問題無いのかがわかりますから

無駄な改築費用が掛かりません

赤外線カメラ

健康住宅で快適な生活を送るために

そして、良い意味で「ぴんぴんコロリ」が理想ですかね

 

サーモカメラによる無料診断をしていますので

あいぷらすにお気軽に声を掛けてください

(温度差の大きい冬場限定のサービスとなります)

入浴中の事故を防ぐための対策

いよいよ新事業のスタートです

ハウスインハウス

先週末からテレビCMも始まりました

断熱リフォームという言葉は聞き慣れない事でしょう

見た目だけじゃなく住み心地のいいお部屋を創ります

江津市や邑智郡あたりは家自体が大きいので

寒さをしのぐには

大きなストーブと大量の灯油が必要ですよね

 

ところが、

家の中で断熱をすると

安くて早い高気密・高断熱な生活空間が出来ます

家の欠点を早く見つけ、健康寿命を延ばしつつ

第二の快適ライフを満喫いたしましょう!

ヒートショックには気を付けて…

HIHロゴ