Archive for the ‘現場便り’ Category

住宅の外観って大切ですよね

お気に入りであると共に周りの風景にマッチしている事

外観ばかり考えていると肝心の間取りが犠牲になります

使い易さを第一に考えると外観は思い通りになりにくいです

 

私の場合大まかな間取りがある場合は外観を決めて

その枠に振り分けて間取りをまとめるケースが多いです

外観を美しくって考えますと知らず知らずのうちに

決め事を作ってしまい反省することがありました

 

それは窓の高さ

室内ドアの高さに窓の高さを合わせるのが

私もどこの工務店も一般的だと思うんですが、

これは使う側にしてみれば合理的ではない事もあります

同じ部屋でも窓の高さは違って良いじゃない!

 

実際変化を付けても違和感なしです(私はですが…)

木造住宅にとって濡れるということは構造材が腐り致命傷に繋がったりします

なのでなるべく雨には濡れないように、水道漏れをしないように気をつけます

濡らさないために出来ることとは、上棟は速やかに終えるとともに

屋根をさっと葺いてしまい、壁にも防水シートを施し、サッシも立て続けに

設置してしまうことです

 

多くの方が雨から屋根を守っているのは屋根材だと考えていますが、

屋根材は雨が直接進入するのを防いでいるだけで家を雨から守っているのは

ルーフィング(防水シート)です

 

屋根材は雨を流す役割しかなく完全に雨を進入することを防ぐことはできず、

隙間などから雨の進入を許してしまいます

このように進入してきた雨から家を守るのはルーフィングの役目です

 

ルーフィングにも種類がありまして

昔からある「アスファルトルーフィング」と

温度変化や伸びや曲げに強く、耐久性に優れる

「改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)」が

あります

新築住宅を建てるなら断然「改質アスファルトルーフィング」です!

浜田市で夕日を眺めるならすぐに思い浮かぶのがゆうひパーク

高台にある道の駅から水平線に沈む真っ赤な太陽は

こんなおじさんをも感動させるのです

 

しかしながら海岸線は長く高台はあっちこっちに有りますので

もっと沢山の夕日スポットがあるのでしょうね

ここ最近新築工事で国分町に通っていますが

素晴らしい夕日が見れますね

デッカくて息を呑むような瞬間があるんですよ

曲がりくねった坂道、歩いている人、町の景色が

スローモーションで動いてる錯覚に陥ります

 

国分町のセブンイレブンの踏切を渡り山手に登って行くと

イシンホームの完成見学会をやってます

(9月9日と10日のみ)

ここから見る夕日のきれいな事

海が見下ろせる住宅地って最高で憧れますね