Posts Tagged ‘音楽’

こう言っちゃなんですが、私は音楽にはうるさいですよ…

ってのは過去の話

学生時代はプロのシンガーになれたらいいのになって思っていましたし

実際コンテストやイベント、積極的なライブもやってましたからね

 

いちご白書をもう一度」や「あの頃のまま」じゃないですが、

就職が決まったりすれば学生気分は吹っ飛んでしまい

現実の世界でもがき苦しむ事になります

音楽を聴くという時間は次第に減り、音響機器に電気が

通らない日は増えて行くのです

 

そのうち、音響はカーステレオがメインとなり

今やスマホのちっちゃいスピーカーががメインの音楽を聴く手段です

すっかり音楽を聴くという環境は崩れ、聴ければいいや

みたいな感じです

 

これはどう見てもおじさん化が進んでいる証拠

買い物に行くのにもジャージでも構わない

無精ひげも伸ばし放題

それはダメでしょう

 

建築をやっている以上常に世の中の流行りは

見ておきたい所

自分自身が適当になるとモノ作りまで適当になりそうで…

 

なので、やはり音楽にしてもファッションにしても

普段の勉強にしても怠ってはならないと思うのです

今年の目標の一つに

「ファッションセンスを磨く」というのを挙げてみました

当然インテリアやエクステリアの計画にも関係して来ますからね

洗面台

 

ハウスINハウスの洗面台

 

手洗い

 

映画館の洗面所

中々オシャレですよね

 

国際交流をしているつもりではないけれど、趣味の音楽を通して

そんな感じになってしまっているところです

言葉には自国の言葉がありお互いが理解しあうのは大変ですけど、

そこへ行くと音楽ってのは便利です

出だしの1・2・3・4は「ワン・ツー・スリー・フォー」でも

「いち・にー・さん・し」でも構いません

それどころかアイコンタクトでも結構行けるもんです

レパートリーはアメリカンポップスが中心です

 

邑南町でやっているそのサークルに参加して2ケ月

毎週の練習も本当に楽しくって、時間はあっという間に過ぎてしまう

会話は片言の英語と片言の日本語

それでも音楽には全く影響しません

日本人と外国人の比率は同じくらいです

彼らはALT(外国語指導助手)の面々

主に英語を母語とする大学卒業者を日本に招聘され小学校、中学校、

高等学校等に、それぞれ配置されている方たちです

 

クリスマス&忘年会

 

邑智郡内の学校で活躍していると聞いています

そんなメンバーでクリスマス会?忘年会?のようなものを行い、

ピアノとギターとコーラスで店の中は大騒ぎ

歌う歌は全て洋楽ですので私の参加は楽器のみです

割と誰でも知っている「ラストクリスマス」を皆で大合唱して

今年の集まりは終了です

外国語青年招致事業で最も恩恵を受けているのは

子供たちではなく我々地域の民間交流だったりして…

旅行に行くことはめったに無いので飛行機に乗ったり新幹線に乗る

事はまず滅多にないんですけど、その少ない経験の中で気になる

事があります

飛行機に乗りますと時間潰しのためなんでしょうか

周りの方に迷惑にならないようにと各座席にヘッドホンが置いてあり、

自分の好きな情報だとか音楽、落語などが聞けるんですね

私の場合は余程眠くない限りは結構楽しんで聴くんですけど

もうかれこれ15年くらい前から全く進歩が感じられませんね

そのサウンドの悪さときたら私が小学生の頃に見ていた

白黒テレビのスピーカーから聞こえる音くらいに酷いもんです

 

そもそも何百という席に1箇所から音を配信すること自体に無理が

あるんでしょうか

とは言え、無線電波は飛ばせないので未だに

有線アナログ放送なのかも知れない

何にしてもあの音は酷すぎますよ

世の中デジタル化してしまい皆んな高音質に慣れてしまってる

イヤホンをする事も多いのでその差は歴然

放送の内容は百歩譲っても音質は何とかしてくださいな

 

新幹線に乗っていたら急病人が出たとかで駅でもない所で

緊急停車  結局15分くらいの遅れが出ました  人命第一ですから

その結果連絡の飛行機に乗るために結構忙しく空港を走って

移動する事態になってしまい、場内呼び出しまでされる始末

まぁ、なんとか間に合ったので事なきを得たんですけどね

遅れてごめんなさいで済む場合と済まない場合があるんじゃないかな

めったに新幹線に乗らないけどこんな事は初めてのこと

雪のためバスが遅れて新幹線に乗れないことはあったけど…

それは予測できることなので予め早く出れば良いですけどね

緊急停車は予測できませんものね