Posts Tagged ‘石膏ボード’

他人が設計した住宅を建てるというのは

案外勉強になるものです

自分が設計した物は、ありったけの知恵を絞っても

それ以上は無いですから…

現場で気付く事が少なからずあり

次の設計に生かしていく

今までは設計すれば完成するまで

現場に足を向ける事が少なかった事を反省するのです

 

大工工事が木造住宅の大半を占めるというのに

肝心の大工の目線を重要視していない設計は最悪です

例えば、

クロス下地となる石膏ボードは規格サイズがあり、

そのサイズをきちんと生かせば大工は無駄がありません

壁のボードを規格サイズ91センチ×242センチを使うなら

天井高さは243センチ位に設定すれば

大工は長さをカットする必要がありません

もし、意味もなく250センチの天井高を設定していたら

手間も材料も大きく違ってきます

 

 

 

今日は住宅のモジュールについて書こうと思います

モジュールと言えば一般の方にはピンと来ないかもしれないですけど、

京間、本間とか言えば「ああ、部屋の広さのことね」と合点が行きますか

そうです、地域によって部屋の大きさが違っているんですね

部屋の広さといいますか畳の大きさといいますか

(由来についてはここが参考になります)

個人的には910モジュールで家は建てるべきだと思います

(部屋の広さではなく柱間隔のコトですが…)

 

この辺りでも江津市と邑南町では寸法が違いますし、

今やメーターモジュール(1間が2メートル)もあるので

ごっちゃごちゃ状態ですね

じゃあ家を建てるときはどうやって決まっているんでしょう

殆どはその工務店の考え一つじゃあないでしょうか?

ポリシーを持ってない会社は何にでも対応するでしょう

 

私自身も色んなタイプを設計してきましたけど

これこそ一番っていう結論が出ません

同じ間取りでも関東間(1間1,820)とメーターモジュールでは

面積に直すと2割も差が出てきますので…

(同じ8帖でも13.2㎡と16.0㎡の違い)

 

さて、それにしてもこの近辺では現在でも1間を1,910としたり、1,970

にしてみたりするのは何故なんでしょう?

たぶん、昔からの風習でそれをそのまま引きずっているからだと

思うんですけど…

別にそれでいいんじゃない?と思いますか?

モジュールというのはモノの単位ですので、その寸法にあった

材料が準備されているわけです

日本で圧倒的に多く生産される材料は関東間サイズなんですね

石膏ボード、合板、断熱材、建具等は規格サイズがあって

多く作られる関東間用が安く手に入ります

なので、ここらの1,910という半端な場合はボードのための

下地をさらに入れる事となり無駄が発生しているんです

(昔は土壁だったので特に問題なかったでしょうけど)

 

最も効率がいいのは北米型住宅(ツーバイフォー)だと思います

このモジュールは日本と違い碁盤目状に間取り図を考えません

必要な場所に壁を設けるが基本でしょうか

きっと敷地が広いのでそうなったんでしょうね

ボードなどは日本製より大きいものを使います

壁が少ないのでムダも少ないです

そんな事もコストダウンに繋がっているんでしょう

 

日本で家を建てるなら関東間で考えた方が安上がりになるはず

「部屋が狭いから嫌なんだよね」という声が聞こえそうですが、

そんな方には和室のみ広くする手もあります

柱の見えない洋間は柱間隔を関東間で配置するんです

これは部屋の広さはどうであろうと関係ありません

断熱材もジャストフィットしている方が効果がありますからね

石膏ボードと断熱材の間に隙間のある現場をたくさん見てきました

 

建築専用CADを使いますと碁盤目状の家が簡単に

出来上がります(使い方によりますけど…)

柱は必ず碁盤の交点に置けば設計が楽なんです

でも、モノには丁度良い寸法というものがあって、

トイレの奥行が無駄に1.8mもあってもどうかと思います

クローゼットの奥行1mも使い勝手が良くない気がします