Posts Tagged ‘温度差’

家庭内事故で亡くなる方は交通事故で亡くなる方より

はるかに多いのを知っていますか?

家庭内の事故で多いのは浴室での急死

その殆どは溺死なのだそうです

急激な温度差について行けず血圧低下により気を失い

溺れてしまうのだとか…

それは60歳を超えた頃から急激に増えてきます

ニュース

 

それではヒートショックを防ぐにはどうすれば良いのでしょう?

日本人の多くは木造住宅に住んでいます

その性能は世界のレベルから見れば劣っています

つまり断熱性能が低いのです

家の中を移動する時に温度差が激しいためにヒートショックが

起こります

なので、温度差が起こらないように家全体を暖房するのです

そのために不可欠なのが断熱と気密と換気です

 

とは言え、すでにある家をすべて断熱すると莫大な費用が掛かります

今住んでいる家の断熱に関して欠点を見つけられたら

その部分を対策すれば良いですよね

つまり隙間風の入る場所を特定したり、どの部分から冷気が来るのかを

突き止めるのです

それらを解消するだけでもかなりの住み良さが手に入ります

寒さ対策はまず相手を知る事からです

 

そこで登場するのが あいぷらすの新兵器

赤外線サーモグラフィーカメラ

このカメラがあれば部屋のどの部分から冷気が来るのか

どの部分は問題無いのかがわかりますから

無駄な改築費用が掛かりません

赤外線カメラ

健康住宅で快適な生活を送るために

そして、良い意味で「ぴんぴんコロリ」が理想ですかね

 

サーモカメラによる無料診断をしていますので

あいぷらすにお気軽に声を掛けてください

(温度差の大きい冬場限定のサービスとなります)

入浴中の事故を防ぐための対策

入浴中の突然死で死亡する人は、全国で1.5~2万人位なんだそうです

全国の交通事故死亡者数は平成25年で4,373人ですから、

ざっと交通事故の3.5~4.5倍の方がお風呂で亡くなっています

お風呂で亡くなるその原因は、溺死と病死です

病死は脳出血や急性心筋梗塞と脳梗塞が主なものです

 

気温の低い12月、1月、2月は入浴死が多く、気温の高い6月~9月には少ないようです

それはつまり温度差による急激な血圧の変化が原因

とくに高齢者は血管がもろくなっているうえ、血圧の上昇幅が大きく、脳出血などを起こしやすくなります

ヒートショックは、高齢者の人が家庭内で死亡する原因の4分の1を占めているのです

 

これを防ぐにはどうすればいいのでしょう?

・浴室の温度は使用前に上げておく

シャワーで高い位置から浴槽にお湯を溜めることで、浴室内全体を早く温めることができます
シャワー給湯をすることによって、浴室温度が15分間で10度上昇すると言われています。(東京ガスの実験にて)
シャワーの蒸気が浴室の温度を効率よく上昇してくれます

但し、換気は適度にしないとユニットバスの天井に水滴が残り、

掃除が行き届かないとカビが発生し汚くなってしまいます

・脱衣室に暖房器具を置く

床にマットを敷くなどして脱衣時の冷え込みを軽減する

・湯温を低めに設定する

入浴温度42~43度の熱い湯は、心臓にかなりの負担がかかるので、
とても危険です
38度~40度くらいの低めのお風呂に入るようにしましょう
入浴温度41度以上になると、浴室事故での死亡者が増加する傾向にあります

 

・高齢者や高血圧の人は一番風呂を避ける

一番風呂はまだ浴室が温まっていないので、ヒートショックになりやすくなります
家族が入ったあとの浴室内が温まったときに入浴するようにしましょう
家族が入ったすぐ後に、続けて入ることが理想的です

 

そもそも、日本の住宅は断熱性能が低いのです

コタツに入って暖をとる文化が今でも続いていますからね

家全体を暖める地域では

ヒートショックとみられる死亡率はかなり少ないのだそうです

温かい地域ほど家の断熱には無頓着で

知らず知らずのうちに命の危険に晒されているんですよね

マイコプラズマ肺炎の患者が今夏急増し、高止まりしているらしいですね。現在も昨年の2倍で推移しているそうです。
マイコプラズマ肺炎はウイルスと細菌の中間の微生物が原因。激しいせきと高熱が長引き、髄膜炎や脳炎などを併発する恐れもある。30歳ぐらいまでの若い年代での発症が多いんだそうな。

風邪をひくか否かは、風邪ウィルスと体の免疫力が大きく関係しています。したがって、風邪をひかないようにするには、風邪ウィルスに負けない免疫力が必要となる訳です。

そこで今回は、住宅側でできる風邪ウィルスの活性化を防ぐ対策を考えてみます。

 

『換気』で風邪ウィルスを充満させない!
kannkisisutemu

風邪ウィルスを追い出すには『換気』が一番有効です!
まず大事なのは『換気』をすること。換気をしっかりすることは、風邪予防に最も有効な基本的対策と言えるのです。例えば、風邪をひいている人が居る場合、1回くしゃみをすると約100万個、1回の咳で約10万個のウィルスが、口から出るそうです。閉めきった部屋では、これらが空中をさまよい続け、風邪ウィルスが充満してしまう…ということに

冬の風邪ウィルスは、低温と乾燥を好むため、冬場の好条件で空気中のウィルスが活性化する傾向があります。さらに、ウィルスは空気が乾燥していると水分が蒸発して軽くなるため、湿度40%以下の乾燥した部屋では30分間も漂い続けると言われています。もし、風邪をひいた人が同じ室内にいる場合は、風邪ウィルスが浮遊し続ける状況を避けるためにも、ぜひ小まめな換気を実践して下さい。

また、冬場は暖房器具を使うため、室内の二酸化窒素濃度が増加しやすい傾向があります。 効率的な換気で空気質を良好に保つことは、風邪対策だけでなく健康にとって必要なことと言えるでしょう。

換気と同様に大事なのが『加湿』です。冬場は乾燥するため、私たちの喉や鼻も、乾燥により粘膜が乾いてしまい、ウィルスに感染しやすい状況になりがちです。加湿をすることで、喉や鼻の粘膜を保湿することは、風邪ウィルスへの抵抗力アップにつながります。また、加湿は風邪ウィルスを抑制するというのも、良く聞く効果でしょう。このように、加湿は風邪予防にとても有効な対策と言えるのです。

加湿と言うと、加湿器を利用されている方も多いかと思いますが、それだけでなく「濡れたタオルを吊るしておく」「洗濯物を室内干しにする」「ベッドサイドに水の入ったコップを置く」など、手軽に加湿をする方法があります。是非、いろいろな方法で『加湿』を心がけてみて下さい。でも加湿のし過ぎは結露を促す事になるのでくれぐれも注意。

さらに関係してくるのが『温度差』です。風邪ウィルスに負けないためには免疫力が必要です。風邪をひいた時に熱が出るのは、体温を上げて免疫力をあげていると言われていますが、逆も真なり。体温が下がると、細菌に対する抵抗力も下がるのです。このように、免疫力に大きな影響を与える要素のひつとが『体温』です。そして、この体温に影響を与えるのが『温度差』なのです。

床の温度が室温より低く、その温度差(上下温度差)が大きいと、足元が冷えて体温が低下しやすくなります。ちなみに、床の温度が高ければ、皮膚温が上がるため、より快適であることが伺えます。

体温が低下すれば抵抗力も下がるため、風邪をひきやすくなります。つまり、温度差が大きい住宅は温度差の少ない住宅より、風邪をひきやすくなると言えるのです。そこで、風邪をひきにくい環境にするためには、できるだけ住宅内の温度差を無くすことが重要となります。そのためには「高気密・高断熱の住宅であること」「温度差が少ない全館暖房が実現できること」などが理想と言えるでしょう。

こうしてみると局所暖房や隙間だらけの家はかつて日本では当たり前の事でしたけど、これからの家、暖房器具を使わなくても生活できる家は風邪をひきにくい家でもありますね。

 

by  tetsu

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村