Posts Tagged ‘浴室’

入浴中の突然死で死亡する人は、全国で1.5~2万人位なんだそうです

全国の交通事故死亡者数は平成25年で4,373人ですから、

ざっと交通事故の3.5~4.5倍の方がお風呂で亡くなっています

お風呂で亡くなるその原因は、溺死と病死です

病死は脳出血や急性心筋梗塞と脳梗塞が主なものです

 

気温の低い12月、1月、2月は入浴死が多く、気温の高い6月~9月には少ないようです

それはつまり温度差による急激な血圧の変化が原因

とくに高齢者は血管がもろくなっているうえ、血圧の上昇幅が大きく、脳出血などを起こしやすくなります

ヒートショックは、高齢者の人が家庭内で死亡する原因の4分の1を占めているのです

 

これを防ぐにはどうすればいいのでしょう?

・浴室の温度は使用前に上げておく

シャワーで高い位置から浴槽にお湯を溜めることで、浴室内全体を早く温めることができます
シャワー給湯をすることによって、浴室温度が15分間で10度上昇すると言われています。(東京ガスの実験にて)
シャワーの蒸気が浴室の温度を効率よく上昇してくれます

但し、換気は適度にしないとユニットバスの天井に水滴が残り、

掃除が行き届かないとカビが発生し汚くなってしまいます

・脱衣室に暖房器具を置く

床にマットを敷くなどして脱衣時の冷え込みを軽減する

・湯温を低めに設定する

入浴温度42~43度の熱い湯は、心臓にかなりの負担がかかるので、
とても危険です
38度~40度くらいの低めのお風呂に入るようにしましょう
入浴温度41度以上になると、浴室事故での死亡者が増加する傾向にあります

 

・高齢者や高血圧の人は一番風呂を避ける

一番風呂はまだ浴室が温まっていないので、ヒートショックになりやすくなります
家族が入ったあとの浴室内が温まったときに入浴するようにしましょう
家族が入ったすぐ後に、続けて入ることが理想的です

 

そもそも、日本の住宅は断熱性能が低いのです

コタツに入って暖をとる文化が今でも続いていますからね

家全体を暖める地域では

ヒートショックとみられる死亡率はかなり少ないのだそうです

温かい地域ほど家の断熱には無頓着で

知らず知らずのうちに命の危険に晒されているんですよね

以前ユニットバスのタイル貼り床が冷たくて、ヒートショックを起こしそうだと

不満を書いたことがあるんですけど、相変わらずその対策は出来ずにいて

毎日不快な日々を送っているところです

勿論、考えがないわけではないんです

例えば、ユニットバスの床パネルに給湯の本管より分岐したバイパス管を

張り巡らせ温めればどうだろう   気温の低い時だけ温もるように電磁弁を

利用できないかなとか

 

先日、クリナップというメーカーより商品のPRがあり目からウロコのモノがありました

なんと、床が冷たいのは前提としていて入室前にスイッチ一つで床に温水

をかけるというものなんですが   その名も「常夏シャワー

浴室を温める専用のお湯掛け装置ですね

そんなもの自分で湯船から洗面器で2~3杯かければいいじゃない?

と思うのはその冷たさ・寒さを知らない人のセリフ

湯船に浸かっている間にも床は冷えるので再度お湯をかける

私なんか1度の入浴で3度はかけてますもんね

樹脂の床ならここまで冷えることはないでしょうけど

タイル床は一歩たりとも床を踏みたくないくらい冷たく心臓に悪い

このメーカーはその点を重視してこの商品の発売に踏み切っているのは

間違いないです

こんな感じで床を温めます

お湯の量は洗面器2杯分位

給湯パイプの中に残った冷めたお湯も

吐き出すのでシャワーは初めから熱いのが

使えるそうです

私は使ったことがないのでその効果については何とも言えませんが、

想像ではハンドシャワーでお湯を流した状態にはなると思います

当然床のみならず浴室全体が湯気で満たされ、それこそ商品名のように

常夏気分になるのでしょうか

 

浴室を温めると言えば浴室暖房乾燥機がありますが、取り付けても

結局使っていないという話はよく聞きますね

温めるのに時間がかかるのが原因のようです

ユニットバス選びは冬場の使用を考えた上で決定するのがイイと思います

浴室の改装工事は冬場にすることは殆どないので忘れがちですが

とても重要なことだと思います

ヒートショック

 

 

 

国民生活センター

「消費者被害注意情報」より

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村