Posts Tagged ‘エコポイント’

私の知り合いが言っていました

「先月の電気代は4,000円だったよ」と

親子二人だけで住んでいるにしても安すぎない?

オール電化で昼間は誰もいないわけですが…

それにしてもすごいなぁ

エアコンは設置していますけど、使うほどじゃないから使ってないとか

照明器具はLEDであるとか色々やってるみたいです

 

住まいの中では気付かない無駄が案外潜んでいるものです

例えばエコキュートを使っているからと言って安心せずに

省エネを意識して少し設定を変えても良いのでは?

夏には設定温度を下げるとか沸かす量を減らすとか…

シャワーしか使わないのなら使う量は知れていますからね

 

普段何気なくシングルレバー水栓(キッチンや洗面)を

使いますと、自分では水だけ出しているつもりでも

実はお湯も混合されていて

ガスや灯油、電気温水器ならお湯を知らずに捨てています

 

そこで登場したのが最近流行っているエコ水栓(蛇口)

水栓レバーの中央部にクリック感があり、お湯を使っているのか

水だけなのかが分かるようになっています

レバーを右半分で使う限りは給湯機は作動しません

ちょっとした事ですけどね

こんな積み重ねが光熱費の大幅削減につながるのだと思います

 

syouene

(写真はTOTO製)

随分寒くなってきましたね 夏生まれは冬が苦手でコタツに丸まっていたいです

何故に我が家はこんなにも寒いのか?

築25年の家は仕方ないと諦めなくちゃいけないのか?

はてさて寒いのは何故なんでしょう?

我が家の場合は木造平屋建て、面積は約40坪 真壁造り(外壁の柱が見えるやつですね)

屋根は石州瓦葺き  基礎はコンクリート造布基礎(逆T字型のやつ) ベタ基礎ではないです

しかも防湿シートは敷いてありません  土が見えています

壁には断熱材は入っていません 天井裏には50ミリのグラスウールが全体に置いてあります

開口部はアルミサッシでガラスはシングルガラスとなっています

 

そもそも寒いと感じるのは何度くらいなのか

年齢や性別、体格、運動量によっても差があるかも知れませんけど、15度を下ったくらい

から寒いと感じるようです

部屋はストーブやエアコンで温度を上げても、運転をやめてしまうとたちまちのうちに

外気温に近付いて行くように感じます

この熱はどこへ行ってしまうのか  どこから逃げていくのか

一般的には木造住宅の熱損失は  開口部、壁、換気、土間床、一般床、天井となりますが、

開口部・壁・換気で75%を占めています  裏を返せばこの部分を強化することでかなりの改善

が出来るということになります

窓ガラスをペアガラスにしただけでも熱の逃げ方は大きく違ってきます

勿論ガラス一面を濡らしていた結露に悩まされることはなくなるでしょう

部屋の温度は外気温と比べて6~9度高くなります  暖房器具は使っていなくても

電化製品の発生熱や人間の呼吸、太陽光による蓄熱もあると思われます

この辺では最低気温は真冬になると氷点下5度位まで下がりますけど、気密と断熱の性能が

上がればそんなに寒くてしょうがない程ではありません

我が家の場合はアルミサッシのガラスの取り替え、外壁への断熱材設置、換気扇の交換、すきま風対策を行う事で

かなりの改善が期待できると思われます

この冬5箇所の開口部を改善したので、少しは暖かい時間を過ごせると思うのですが、毎日温湿度計とにらめっこ

しながら次の手を考えています

innpurasu

部屋の内側にサッシを追加で取り付ければ

かなりの断熱効果があります

エコポイント対象になりますしね

by  tetsu

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村