Posts Tagged ‘アフターメンテナンス’

私達が生活する上で購入する物はどんな基準で選びますか?

勿論価格が適正であること、安全であること、求める機能を

有すること等は確実に押さえなければいけませんね

建築の業界でも多くの設備機器を付属するようになって

きましたが、トイレ、洗面、台所、浴室等の水廻り機器や

冷暖房、照明器具、換気設備等の電気設備器具は大手

メーカーの商品を購入するケースが殆どです

例えば洗浄便座が故障したとします

設置依頼をした工務店に電話をしますよね

すると状況を見て器具の故障なら即メーカーに連絡です

水道屋さんで治せないケースが殆どだからです

大手メーカーにはしっかりとしたサポート体制が

出来ています

当然保証期間内なら無償で修理または交換がされますが、

保証期間外の場合はしこたま費用がかかるものです

何故なら代用品が無いので言い値がまかり通るわけですね

部品代はもちろん、修理の手間、交通費に至るまで

しっかり取られます

 

このような機器類は購入の時によ~く考えてみたら

どうでしょう  温風乾燥は必要なのか、壁付きの

リモコンじゃなきゃいけないのか、自動でフタが

開いたり水を流すのがいいのか等…

そもそも使いもしない機能が多過ぎると思いませんか?

機能が減れば故障の割合も減るはずですね  しかも遥かに

安いし温風乾燥を使わない方はかなりの割合でいます

ましてや水を流すのくらいレバーを引けば良いじゃないですか

故障しないというのは最も重要な事ですからねえ

故障しても自分でなおせる位の仕組作りこそが本当のメーカー

のサポートだと思うのですが…

「便座が冷たいのを解消したい」という方に最新式の部屋

暖房付きリラックス音楽が流れほんわりとライトで照らす

一体式便器を奨めるのもどうかと思います

『よく解らないから一般的なのを付けておこう』が大きな

出費に繋がるんです

 

maikonn

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

かつて新築住宅を手掛けていた頃にはアフターメンテナンスで多くの家庭を

見て歩きました

せっかく建てた住宅を気持ちよく長く使っていただく為です

ところが共通した間違った使い方というのがあるんですね

 

今まで住んでいた住宅とここ10年で建てられた家(特に高気密で建てた

家の場合)は性能が全く違い、最近の高気密住宅にはまず間違いなく

24時間換気システムが付いています

24時間換気扇というのはもちろん24時間動いていなくては意味がありません

ところが「音が気になる」とか「電気代が心配」等の理由で勝手に

運転を止めておられる家庭が多いんです

大した事じゃないと思っておられるようですが、これはとんでもない話で、

住宅の寿命を縮めてしまう原因になってしまいます

 

換気が必要なのは空気の汚れもですが、重要なのは湿気を排除する事

外気と室内の温度差が大きい場合は壁の中で結露が起こる事が多く

なります

壁の中に湿気が入らないように防湿シートで防ぐのが基本ですが、

他社がやっているからうちもやっているみたいな「施工のツボ」を

抑えない工務店はざらにありますから注意が必要です

中途半端な高気密はかえって危険部位を作ることにもなりかねません

 

施工業者がしなければいけないのは湿気を壁の中に入れない仕組を作ること

住む人がしなければいけないのは部屋の湿気の排除です

壁体内結露は普段生活していても目にする事が出来ないので、実感が湧かず

いとも簡単に換気を止めてしまうのですが、

高気密住宅に住む場合は部屋の湿度を下げなくちゃいけません

風呂を使った後は確実に換気扇で湿気を排出しましょう

(浴室内を負圧にして湿気を部屋に入れない為)

雨の日に家の中に洗濯物を干すなんてもってのほかですよ…

 

by  tetsu

 

situnaibosi

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村