Archive for the ‘省エネエコ住宅’ Category

桜の季節はあっという間に通り過ぎ、

初々しい新入生も少しずつ生活に慣れてきた頃でしょうか

浜田市殿町にてリフォームの見学会を開催していますよ。

4月の15日と16日の二日間のみ  10時〜18時まで

税務署の鳥居をくぐり100メートル行った所です

お部屋の模様替えの参考にされては如何でしょうか?

和室の続き間がLDKに華麗に変身していますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

 

私の知り合いが言っていました

「先月の電気代は4,000円だったよ」と

親子二人だけで住んでいるにしても安すぎない?

オール電化で昼間は誰もいないわけですが…

それにしてもすごいなぁ

エアコンは設置していますけど、使うほどじゃないから使ってないとか

照明器具はLEDであるとか色々やってるみたいです

 

住まいの中では気付かない無駄が案外潜んでいるものです

例えばエコキュートを使っているからと言って安心せずに

省エネを意識して少し設定を変えても良いのでは?

夏には設定温度を下げるとか沸かす量を減らすとか…

シャワーしか使わないのなら使う量は知れていますからね

 

普段何気なくシングルレバー水栓(キッチンや洗面)を

使いますと、自分では水だけ出しているつもりでも

実はお湯も混合されていて

ガスや灯油、電気温水器ならお湯を知らずに捨てています

 

そこで登場したのが最近流行っているエコ水栓(蛇口)

水栓レバーの中央部にクリック感があり、お湯を使っているのか

水だけなのかが分かるようになっています

レバーを右半分で使う限りは給湯機は作動しません

ちょっとした事ですけどね

こんな積み重ねが光熱費の大幅削減につながるのだと思います

 

syouene

(写真はTOTO製)

断熱には以前から興味を持っていますが、

セルロースファイバー(新聞紙・段ボール・木材などの原料の

いずれかを主として造られる木質系断熱材)については

詳しくは知りませんでした

日本ではあまりなじみがないからです

 

この度天井と壁に採用したんですけど

まず、そのボリュームにびっくりです

トラックいっぱいの材料が壁や天井に充填されます

日本で最も使われているグラスウールの密度は

24kg/㎥ですが、セルロースファイバーはその倍

50kg/㎥もの密度があります

密度が高いと何が良いのか?

それは遮音(防音)性能です

YouTube Preview Image

断熱材なのに遮音?なんですけど、外の音が聞こえにくく

なりますし、室内の音が外に漏れるのを防ぎます

とても静かな室内環境を実感します

又、吸音性能はグラスウールでは味わえない

不思議な感覚です

録音スタジオなどで体験できる反射音のない異様な世界です

(もちろんボードを張ってクロスを貼れば音は反射しますが…)

私は楽器を使う趣味を持ちますので、これには感動しました

セルロースファイバーに穴開きの吸音ボードを貼れば

反射音の少ない音楽の環境が容易に出来ますね

 

肝心の断熱性能はどうでしょう?

材料そのものの断熱性能はグラスウールと比べても

大きく違わないのかもしれませんが、

体感で大きな違いがあるのは恐らく施工精度のせいでしょう

グラスウールは施工する人の知識と手間の入れようで

大きく違うと思われますが、充填工法は全く隙間が生じません

つまり材料の持つ本来の性能が100%近く発揮されます

現場現場で形状が異なっても隅々まで材料が行き渡るので

次元の違う断熱性能を実感します

 

その違いは玄関ドアを開けた瞬間に体感します

外気温と室温が大きく違うのが感じられます

室内では外気に影響されない温度が保たれています

ですからエアコンを使えば効果は断然違うわけですね