床下からの湿気対策

木曜日, 8月 16, 2012

他県ナンバーが多くなるこの時期は町もざわついて落ち着かない感じです

オリンピックの熱気もようやく冷めて今度は甲子園ってとこでしょうか

お盆休みと言えど手放しで現場を放っておけません

結構雨が降ったので現場に行ってみると、18日に棟上げ予定の

基礎の中には雨水が溜まっています

湿気対策は勿論コンクリートによる遮断としています

よって雨が降ると当然浸透せずに水たまりとなります    本来、

これを防ぐために底盤に排水口を設けておいて、後にモルタル埋めをする

手があるのですが、少しでも湿気を入れないため今回はしていないので

プール状態になります

 

とは言えこのくらいの雨ならスポンジに吸い込ませればすぐに乾きそうです

それよりも気になるのは建てるまでに汚れてしまうことですね

コンクリートを打ってから1週間程養生していますので、色んな種子や雑菌が

入るのか匂いが気になります

明日には床で被ってしまうので安心ですが、屋根を葺いてしまうまで油断は禁物

ここからは急ピッチで現場は進んでいきます

 

kiso

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください