Archive for 2月 10th 2012

今日、愛車が車検から帰ってくる予定。あちこち壊れていたので修理してたら結構な額になった。これから支払いが大変だけど愛車が元気になればそれだけで良い。

外気温度が氷点下になりますとユニットバスの天井に露がつくのが目立ちます

換気扇の吸い込み口なんてポタポタと落ちてきます

この水滴爆弾から開放されたくて原因を探ると共に、快適入浴のために 対策を

練っていたんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この水滴は勿論大量の湿度を含んだ浴室内の空気が、ユニットバスの外側の

低気温に冷やされて出来た結露 最近のユニットの壁・天井とも断熱はしてあるん

ですけど、島根の中山間地 ではとても防ぎ切れないんですね

どこに発生するのか?

これはパネルのつなぎ部分です

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにはパネル補強のための金属 プレートが付いていますが、この金属が

これでもかと言わんばかりに冷えてしまいます

その結果浴室内で結露という形で実を結ぶ わけです

ならばその金属プレートを冷やさないようにすれば結露は起こらないはず

このプレートに密着させるように断熱材が覆うことができればベストですが、

あいにくグラスウールしかなかったので少し広めに被せてみました

結果はやはりそれなりです 結露がゼロとはいきません

一番いいのはスプレー式の発泡ウレタンをくっつけるのが良いでしょう

でも、グラスウールでもうっすらと水滴がつく程度で落ちてくることはありません

換気扇のダクト(横引)も断熱すればきっと落ちなくなることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村