Archive for 10月 16th 2011

日本の住宅の平均寿命は何年位か知っていますでしょうか?

なんと約30年です

アメリカが約55年、イギリスで77年ですからかなり早く壊しているんですよね

とは言え、この江津市辺りの住宅はもっとスパンが長いと思います

50年以上住まれている家は結構ありますからね

という事は都会地の住宅が30年未満の場合が多いのでしょうか

私が建て替えを経験した中で最短は10年で建替えた方がいらっしゃいました

バブルの真っ只中の頃でしたけど、ハウスメーカーの建物で壁には斜めに大きく

ひび割れが入っていました

個人的には壁を直して住み続ける事はいくらでも出来ると思いましたけど、

最終的に建替えられましたね  しかも50坪クラスの大きな家を…

 

それにしてもなぜ海外とこんなにも差があるのでしょうか?

高温多湿や地震が多いことだけじゃなく、他人の建てた家を中古で買う

という習慣がないから余計に短命なのでしょうか

敷地が狭く十分な環境を得られないまま家を建ててしまう事が

多いのかもしれません

又、土地への執着が大きいのも事実でしょう

 

ならばやはり、古い家をリフォームすればいいんです

「いや~リフォームじゃあ自分の理想の家は無理だろう」って決め付けないで

昔の家にはびっくりするぐらいの上等な材料が使ってありますからね

もったいないんですよね

昔ながらの木舞に土壁なんてものはもう高級すぎて新規に造れないでしょう

梁や柱も今では手に入らないようなレアなものが次々に解体されている

既存のものを高断熱・高気密仕様にすれば付加価値がど~んと上がるのに

都会風な新しい新建材住宅に飛び込んでしまうのは惜しい事です

ところで今あなたが住まれている家はあと何年住む事ができるでしょうか?

それは間取りや見た目が気に入らなくて建て替えを検討するのでしょうか

逆に言えばあと50年住もうと思うなら、それなりの対策が必要です

50年先を見越して新築なり、リフォームをしなくちゃいけません

 

50年も70年も住み続ける外国の家は、住む人がケアを怠りません

映画のワンシーンにも壁にペンキを塗ったりするシーンがありますよね

またDIYショップも沢山あり日曜大工にも慣れています

少々出来が悪かろうとお構い無しです

日本のお父さんももっと住まいを楽しみましょうよ

 

by  tetsu

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村